くらんけコラム

Twitterアカウントは「目的別に分ける」べきだろうか?

筆者・くらんけは、Twitterアカウントくらんけ@gadget-junkies.net を持っていて、そこで毎日ツイートを行なっていますが、このところ「アカウントを2つに分けるべきだろうか?」なんて考えていました。

いわゆる「サブ垢」ってやつですね。

結論から言うと、これまで通りメインの1アカウントのみでTwitterを続けるのですが、今日はそんな葛藤に至った理由や、ツイート内容ごとにサブ垢を作るべきか?なんてことを考えます。

なおサブ垢はもちろんTwitterで認められてますし、その人の考えによって尊重されるべきことなので、それを否定するつもりは全くないことを、はじめに申し上げておきます。

くらんけとTwitterについて。

まずくらんけがTwitterを始めた経緯について触れておきます。

Twitterの「使い方」の変化

くらんけは元々、ブログよりもTwitterの方を古くからやっていました。

当初は「いまどうしてる?」とのTwitterの理念どおり、その時々に感じた私的な呟きを行なっていたのですが、ある時からくらんけの専門分野であるiOS音楽制作アプリ「KORG Gadget」の話題だけを扱うようになりました。

くらんけは2016年10月からKORG Gadget(以下「コルガジェ」)に特化したブログサイトGadget-Junkies.netの運営を開始したので、これまで私的一辺倒だったTwitterを、ブログのマーケティング・ツールにしようと考えたんですね。

その狙い?はある程度当たったようで、コルガジェブログの成長とともに、くらんけTwitterのフォロワー数は順調に伸び続けました。

そんな中、くらんけは第二のブログを立ち上げました。それが今ご覧になっている私的雑記ブログ「くらんけ.jp」です。

「くらんけブログ」のツイートにほとんど反応がない

くらんけブログは、まだ3週間目のペーペーですが、一応「毎日1記事」を欠かさず続けています。

ブログ立ち上げの経緯は一番最初の投稿で書いていますが、立ち上げた以上、やっぱり「くらんけブログ」のポストをTwitterでも紹介したいんですよね。

ここで問題になるのが、今までコルガジェ一辺倒だったTwitterアカウントからのツイートに、個人的なブログの告知が紛れ込んでくることでしょう。

やはりというか、特に懇意なフォロワーさん以外、全くのノーリアクション。

そこで今のアカウントで無意味な告知をやめ、くらんけブログやプライベートについて自由に呟ける「サブ垢」でも作ってみるか…と思ったわけです。

Twitterアカウントを「分けるべき」だと思った理由。

2つのアカウントを使い分けようと思った理由を、もう少し掘り下げてみます。

フォロワーに無益な話題を押し付けることへの罪悪感

サブ垢を作ろうと思い立ったのは、ほぼこの理由です。

くらんけのツイートをわざわざ見てくれるフォロワーさんは、大前提としてコルガジェに興味があって、その情報を知りたいと思っているはずですね。

それなのに「1杯7円で作れる水出しコーヒーの美味しい淹れ方」だの、くらんけが2010年に撮影した「解体寸前の旧広島市民球場の秘蔵写真をアップ」だの、ほとんど無益な情報だと思われます。

メリットも関心もない話題でフォロワーさんのタイムラインを汚すのは、申し訳ない気がしました。

SNSは「マーケティング戦略」のみに活用すべきだというセオリー

ある一つのテーマにフォーカスし、ひたすら役に立つ情報を発信し続けるアカウントは、そのテーマに興味を抱くフォロワーから価値のある存在だと認知されます。

たとえば著名ブロガーのゆにばすさんは、ご自身のツイートやリツイートをほぼ「DTM製品のセール情報」に徹して行なっておられます。

もちろん、ゆにばすさんが発信されるのはそれだけではありませんが、ゆにばすさんのフォロワーは「セール情報」を含めた有益な情報を求めて、彼をフォローしているのではないでしょうか?

くらんけのように「コルガジェ」「水出しコーヒー」「カープ」などバラバラな話題を発信するようなアカウントは、フォロワーの属性もバラバラになるだけでなく、「こいつは自分にカンケーないことばかり呟くな…」と思われ、離脱されることも多いでしょう。

それならブログと同じように「コルガジェ」「雑記」とTwitterも分け、それぞれのお客さん向けに情報を発信するのが得策ではないか?と思ったのが、サブ垢運用を考えた理由の一つです。

それでも「メイン垢」「サブ垢」に分けない理由。

しかしくらんけは、Twitterアカウントを今のまま一つでやっていきます。

その結論に至った自分なりの考えは、以下の通りです。

単純にアカウント(&キャラ)の切り替えがメンドクサイ

Yahoo!でもAmazonでも、どんなウェブサービスでもそうですが「1度に1アカウント」しかログインできませんよね。

たとえばくらんけは「Amazon」のアカウントを、「普通のお買い物用」と「Amazonアソシエイト用」の2つ持っています。

当初は別アカウントの方が管理しやすいと思いそうしたのですが、アマゾンのヘビーユーザーであるくらんけにとって、お買い物とAmazonアソシエイトの収益確認をするたび「アカウントの切り替え」が発生するのは非常にめんどくさい。

加えて2アカウントに何らメリットがないと気づいたので、Amazonアソシエイトのアカウントでお買い物もする(今まで使っていたお買い物アカウントを捨てる)ことにしました。

それと同じように、複数のTwitterアカウントを度々切り替えることは、ズボラなくらんけにとって苦痛になるのは火を見るよりも明らかだと思ったんです。

またアカウントだけでなく、「コルガジェユーザー向け」「くらんけブログ向け」と、ツイートの性質…ひいては「キャラ」を切り替えることも、何となく人格を切り替えているようで座りが悪いんじゃないか?とも想像しましたね。

「どうでもいいこと」でなければ、むしろ話題の幅が広がるかもしれない

元々Twitterはパーソナルなメディアなので、一個人が日々の感慨を呟いたり、仲間内で盛り上がるような使い方は大いにアリです。

「眠い」「牛丼食った」「原宿なう」といった類のつぶやきですね。

ただしTwitterをマーケティング・ツールとして活用する場合は、「どうでもいいこと」を呟いてはならないとされています。

理由は単純で「芸能人でもない一個人の日常など、見ている人にとって何のメリットもない」から。

しかし「単にどうでもいいこと」ではなく「雑多なお役立ちネタ」であれば、むしろアカウントの幅が広がるのではないか?とも思い始めました。

先日、コルガジェ主体のTwitterアカウントに、くらんけが現在取り組んでいる「断酒」(まだ5日目ですが…)について書いた記事を発信しました。

コルガジェユーザーは音楽クリエーターなので、創作時間の捻出には日頃から苦労しているはずです。

そんなクリエーターにとっては、たとえコルガジェに無関係だとしても、たとえTwitterでノーリアクションだとしても、もしかしたら少しでも響いてくれるかもしれないと思い、ツイートに踏み切りました。

吉岡 茂樹さんのnoteに、こんなコメントがありました。

発信するということは、AをAとして、BをBとして捉えるのではなく、AをBの視点でみてどう思うかということで、実はそこに個性や面白味が出るものだったんだと思います。

出展:https://note.mu/shige_psps0113/

くらんけも全く同感です。

ツイートに価値があるかなんて、Twitterを見てくれている読者が決めること。

「腹減った」など「どうでもいいこと」でなければ、何だって呟いてもいいんじゃないかと思い始めています。

今日の処方箋

  1. Twitterアカウントは分けない方がラクだし、発信の振れ幅が広がるメリットもある。
  2. とはいえ「どうでもいいこと」をツイートしないよう心がけるのは大切。
  3. ツイートに価値があるかを決めるのは読者。何でも発信していこう。

ブログに関して言えば、「専門ブログ」と「雑記ブログ」は明確に分けた方がいいでしょう。

かたや得意分野の情報発信に徹し、もう一方でノンジャンルの話題を取り扱うのが、わざわざ検索できてくれた読者ファーストだと思うからです。

ただTwitterについては、「くらんけ」というパーソナリティーを表現する場として使うつもりです。

「コルガジェ専門家」のくらんけ。「ブロガー」のくらんけ。「精神ヤられて休職中」のくらんけ。。笑

ファロワーさんのタイムラインを汚すのは心苦しくありますが、それで離脱されるようことになっても仕方ありません。

これからも神経質にならず、書きたいことを書き、表現したいことを表現していきたいと思います。

本日のカルテは、ここまで。

カメラを始めたことだし、SNSを新しく始めるならInstagramがおもしろそうだと思ってたりする。。

関連記事

  1. くらんけコラム

    「NHK FM」は僕らの友達!くらんけオススメの音楽番組3選。

    いきなり景気の悪い話で恐縮ですが、動画配信サイトやネットテレビなどの隆…

  2. くらんけコラム

    このままでは衰退し続ける「DTM」シーン。それを食い止める施策を考察する。

    今朝Twitterを眺めていると、音楽制作クリエーターで著名ブロガーで…

  3. くらんけコラム

    それでも裾野を広げられないとDTMシーンは死ぬ。そう確信する理由。

    昨日のポストには、思いのほか多くの反響が寄せられました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

お問い合わせ





  1. ガジェット / モノ

    ブロガー・インスタグラマー視点による、高級コンデジ「FUJIFILM X100F…
  2. 行ってみた!

    【画像50枚】「王立宇宙軍 オネアミスの翼」展を観に八王子へ行ってきた。ほとばし…
  3. 睡眠力は幸福力。

    寝る前の「ホットミルク」は睡眠に効果があるのか? 1週間ほど試した結果と、その美…
  4. ライフハック

    珈琲好きのあなたへ。1杯7円台で作る「水出しコーヒー」の美味しい淹れ方。
  5. 脱・炭水化物抜きダイエット

    脱・炭水化物抜きダイエット宣言! 筆者が5年続けた「糖質制限」をやめる3つの理由…
PAGE TOP