ブログの作り方

ブログ名を途中で変更するのは、アリかナシか?

ブログを運営し慣れてくると、徐々にブロガーなりの語り口やコンセプトが固まってきます。

このことは、ブログの持ち味が出てきた事を意味するので非常に良い現象ですが、時にある問題に直面します。

それは「ブログ名が、内容と合ってない!」ということ。

たまたま昨日、どんなブログタイトルが望ましいかについて書きました。

今日はその続編?として、ブログ名を途中から変えることの是非と、もし変える場合の影響や注意点について考えます。

ブログ名を変えたい!時に考えたいこと。

いきなりブログ名を変えてしまう前に、実際に行った場合にどんな影響があるかや、そもそもブログタイトルを変えるべきか?についての考察を、4つほど提示します。

「ブログコンセプトを抜本的に見直す」「続けていて違和感を感じる」のなら、タイトルは変えるべき

ブログに綴るテーマやテイストを根本からイメチェンしたいときは、当然ふさわしいタイトルに作り直すべきでしょう。

また当初のコンセプトからブログ名が著しくかけ離れてきて、ご自身でどうしても違和感を感じるのなら、いっそ変えてみるのもいいと思います。

たとえば「タックン子育て日記」で始めたブログを10年続けたら、タックンは小学4年生になっています。

このように「子育て日記」と銘打っていても、実際のところ「雑記ブログ」となっていた場合などは、タイトルを変えてブログを続けるべきでしょうね。

タックンの子育て過程で得たノウハウを活用・発展させ、ベビー用品などをアフィリエイトする「専門ブログ」に鞍替えるのもいいでしょう。

ちなみにブログ名を変えたとしても、ドメイン名を取得し直す必要はないと思います。

新たに生ずる年会費が勿体無いですし、ぶっちゃけ読者は、あなたのサイトのURLなんて見てませんから。

変更するなら、出来るだけ早いほうがいい

というのも、ブログ名の変更に伴う各種手続きがタイヘンになるからです。

まずTwitterやFacebook、Google+など、あなたが利用しているwebサービスのプロフィール欄を、すべて書き換えなくてはなりません。

特に難儀なのが、GoogleアドセンスやA8.net、バリューコマースといった「各種アフィリエイト・サービス」に登録している場合で、それらのサービスの登録情報に記載済みの「ブログ名」を、全部変更する必要があります。

したがってブログ名を見直すなら、そういったアフィリエイトに登録する前の早い段階で行うのがベストですね。

すでに登録しまくっている場合は…仕方ありません!ここは腹をくくって、コツコツ修正していきましょう。。

SEO的にはどうなる?

SEO(自分のサイトをググられやすくするための様々な施策のこと)的にも、一度決めたブログ名は変更しない方が良いとされています。

荒唐無稽な例え話ですが、それまで極めて有益な情報をもたらしてきた人気サイトが、ある日突然アダルトサイトにクラスチェンジしたら、一体どうなってしまうでしょうか?

きっとGoogleで検索してやってきた読者は、面食らってしまうでしょうね。「Googleが提示したサイトなのに、なんだこれは!」と。

健全性を何より良しとするGoogleは、このような事態になるのを防ぐためブログ名が変更された場合、インデックスしているサイトの評価(検索順位)を下げると、ネット上ではささやかれています。

Googleが考えていることで、確固たる根拠のある話ではありませんが、やはりSEO的にも「ブログ名は変更しないことに越したことはない」という意見が主流です。

せっかく培ったブランディングを考えると、そのまま続けるのもアリかもしれない

ブログ名は商品名と同じですから、それを変えるということは、それまで読者に根付いたあなたのブランドや印象を、ガラリと変えることになるでしょう。

古い例えで恐縮ですが、華原朋美が遠峯ありさだったように、心機一転ゼロからスタートして大成功するかもしれません。笑

しかしあなたが「何となくシックリこないなあ…」と思っているブログ名だとしても、それを長く続けているほど、見ている読者は慣れ親しんでくれているもの。

例えばファストファッション業界の雄「しまむら」は、長年培ってきた屋号の親しみやすさで、ユニクロや無印良品など同業他社がひしめく中、盤石なブランドとして広く受け入れられています。

もししまむらが、今風の「〇〇クロージング」とかにブランド名を変えたら、しまむらに慣れ切ったお客さんのイメージが変わってしまうかもしれません。

「何となく敷居が高くなっちゃって、店に行きづらくなったな〜」とか。

このように、せっかく受け入れられ認知されてきたブログ名を変更するのは、場合によっては勿体ないこともあると、頭の片隅に置いておきましょうね。

ブログ名の変更をGoogleに通知する方法(WordPress)

先ほど述べたように、ブログ名を変更した場合「やるべきこと」が本当に多いのですが、最も重要なのはブログタイトルを変更した事実をGoogleに教えてあげることです。

さもなくば、古いブログ名のままGoogleにインデックスされ続けますからね。

ということで、ブログをWordPressで運営されている方向けにブログ名の変更方法を書いておきます。

WordPressの管理画面にて、「設定」→「一般」と進み、表示された以下の画面で「サイトのタイトル」を書き換えてください。これで完了。

変更後、Googleの巡回ロボットがあなたのサイトをクロールした時に「ブログ名の変更」を認識し、新しいタイトルでインデックスし直してくれます。

通常2日もあれば、Googleの検索結果に新しいブログ名で反映されるはず。

今日の処方箋

  1. ブログ名の変更は様々な変更手続きが大変になりますし、SEO対策的にも、やるなら出来るだけ早い方が望ましいでしょう。
  2. 「どーしても自分のブログ名に違和感を感じる」のなら、精神衛生上変更するのは大いにアリです。
  3. 自分が思っているより、そのブログ名が読者に受け入れられていることも多いので、せっかくのブランドを捨て去るのは勿体無いかもしれません。

と言うことで、本ポストのタイトル「ブログ名を変更するのはアリかナシか?」についての答えは「人それぞれ」としか言いようがありません。

ただこの記事を、その是非の判断材料にしていただけたら幸いです。

ちなみに、実は「くらんけブログ」も、おととい「くらんけ.jp」からコソッとディチューンしています。

まだ4週間目のペーペーブログで、ブログ名を変えたところで何の影響もないのと、「くらんけジェイピー」という語呂の悪さがシックリこなかったんですよね。

それと何より「くらんけ.jp」では、ブログ名を入力する時「ひらがな」と「英語」を切り替えなくてはならず、筆者本人がかったるいのが最大の理由です。笑

なお、先ほど書いた手順でブログタイトルの変更を行なったところ、翌日には「くらんけブログ」としてGoogleにインデックスされていましたよ。

本日のカルテは、ここまで。

明日から、山口→広島へお彼岸で帰省!1日1記事更新が継続できるか、ここが正念場だな〜。。

関連記事

  1. ブログの作り方

    読者に刺さる「ブログ名」の決め方。その心得とコツを考えてみた。

    ブログの運営を行う場合、最初に決める「タイトル」がいかに重要かは語るべ…

  2. ブログの作り方

    【運営報告】ブログ1ヶ月目を振り返って。皆さんこれが現実ですよ…。

    当くらんけブログのような雑記ブログの定番記事に「運営報告」というのがあ…

  3. ブログの作り方

    格安ドメインのワナ。申し込む前に「更新時の請求額」を必ず確認しよう。

    今日は「格安ドメインの落とし穴」について書いていきます。201…

  4. ブログの作り方

    さらば「ネタ切れ」!毎日すいすいブログを更新するための根本ルールとは。

    あなたが運営しているブログが、特定のテーマにこだわらない「雑記もの」の…

  5. ブログの作り方

    あなたのサイトに来てくれる訪問者を減らさないために。「SSL」かんたん設定マニュアル。

    今日はサイト運営をされている方へ向け、一刻も早く「SSL化」を行った方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

お問い合わせ





  1. ブログの作り方

    面倒な作業は自動化しよう!「ブログを定時配信」するための便利機能2選。
  2. 行ってみた!

    【画像50枚】「王立宇宙軍 オネアミスの翼」展を観に八王子へ行ってきた。ほとばし…
  3. 体験レポート

    フリーライターとして某ウェブサイトの記事を書いてみた。(2/2)「ウェブライティ…
  4. 体験レポート

    フリーライターとして某ウェブサイトの記事を書いてみた。(1/2)「ウェブライター…
  5. くらんけの「やってみた!」

    フリー画像共有サイトPixabay(ピクサベイ)の使い方と、「写真家デビュー」の…
PAGE TOP